TOP  戻る




アトリオンへ遊びに行こう
いともたやすく行われる ありがたい展示 〜




その@


レポート「国立新美術館へ遊びに行こう」でも書いている通り、第17回 文化庁メディア芸術祭マンガ部門の大賞「ジョジョリオン」が選ばれました。そして2014年2月、東京・六本木の国立新美術館を中心に受賞作品展が開催され、「ジョジョリオン」の生原稿も展示されたのですが……、それだけで終わりではなかったのです。東京のみに留まらず、九州での特別展示に加え、なんと四国→北海道→東北と全国各地で巡回展示する事になったのでした。
具体的には、まず愛媛県松山市からスタートします。文化庁メディア芸術祭 松山展『MOVE―メディアで拡がる身体表現』と題し、9月5日(金)〜21日(日)の期間、愛媛県美術館にて開催。続いて、北海道帯広市へ。文化庁メディア芸術祭 十勝帯広展『メディア芸術の林間学校』と題し、10月1日(水)〜13日(月)の期間、帯広市図書館にて開催。そして最後に、秋田県秋田市へ。文化庁メディア芸術祭 秋田展『DIG∞AKITA/メディア芸術、あきた』と題し、10月25日(土)〜11月3日(月)の期間、秋田市・アトリオンの美術展示ホールにて開催。なかなかに豪華なイベントと相成りました。東京とは別の生原稿が展示されるらしいので、当然行くしかありません。
(詳細については、例によって@JOJOさんをご覧になってください。)


流れから察するに、四国→北海道→東北の展示内容は同じものだと推測されます。行けるものなら全部観に行きたいところではありますが、秋田市にターゲットを絞る事にしました。もちろん、今回も1人で行くぜッ!




そのA


<2014年 10月25日(土)>
初日のお昼頃、会場の「アトリオン」に到着。「アトリオン」で「ジョジョリオン」を観るなんて、シャレてるじゃないの。でも、この企画展は「ジョジョリオン」どころか、マンガがメインってワケでもありません。幅広い様々なジャンルの展示があるのです。そのためか、北九州市「あるあるCity」のような、気合いと愛情がこもったスタッフさん直筆の告知なんかは皆無ッ!ちょっと寂しい。
さあ、2Fの会場に入場です。ここも入場は無料。パンフレット的な物を受付でいただき、会場内は撮影禁止との説明も受けます。う〜む……、撮影に関して、会場によって対応・待遇が異なるのが気になりますな。東京や松山では、原稿はダメだけどパネル等はOK。帯広に至っては、原稿もオールOK。北九州と秋田は、完全に撮影禁止。地域ごとの県民性の違いなのか何か知らんけど、その辺はルールを統一してほしかったですね。まあ、仕方ないので、目と心に焼き付けておきましょう。



アトリオン

いざ出陣


ポスター


会場入口



会場はさすがに東京と比べれば小規模ながら、展示内容はバラエティに富み、とても充実しています。「ジョジョリオン」以外にも、感性を刺激される面白い展示がたっぷり!休日で初日という事もあってか、来場者はそこそこでした。とは言え、行列が出来るほどではなく、割とマイペースに鑑賞できます。
会場に入って、少し進むと「ジョジョリオン」のコーナーがッ!作品紹介やカラーイラストのパネルが出迎えてくれます。また、「JOJOVELLER」限定版の特典Blu-rayのダイジェスト映像が流されていたり、その映像の中で荒木先生が描かれている歴代ジョジョのイラストのパネルも置かれていました。まあ、私も含め「JOJOVELLER」限定版を持ってる人にとっては、別段目新しいものでもありませんが。

生原稿が展示されているのは、次の計9ページです。コミックス2巻の128・129ページ、3巻の80・81ページ、4巻の148・149ページ、5巻の118ページ、そして7巻の20・21ページ。東京や九州の時と比べると、ページ数自体は少ないものの、けっこう広範囲に渡っての展示である事が窺えます。また、見開きページが多い事も特徴と言えるでしょう。
(スキャナーとか持ってないため、めっさ見にくい画像で申し訳ありませんが、どのページかだけでも分かるように一応貼っておきます。)



「オレを引き取った
おまえの父親もだッ!?」

「家のための『記録』だ」

「心も融合している」

「勝ったのは……
オレです!」

「そしてオレの記憶が
始まった『泉』」




そのB


今回もやっぱし、持参したコミックスと比較しつつ、何度も繰り返し鑑賞しました。原画を観るたび、その「本物」の輝きに見惚れてしまいますね〜。
以下、感じた事・思った事・発見した事を箇条書きしていきます。


@原画だからこそ、ペンのタッチの強弱や流れ、色の濃淡なんかもハッキリと確認できます。そういう意味で興味深かったのが、7巻の20・21ページの4コマ目。見開きのコマの定助です。
このコマの定助は、筆のような線で描かれています。手前に位置する彼からピントをズラし、白くボヤけさせる事によって、その奥の「離れ」がある光景を際立たせる効果を持っています。「SBR」10巻のサンドマンから使われ始めた手法ですが、生原稿という形でじっくり拝見するのは初かもしれません。
書道にも似た一発描きで、線のかすれ具合もイイ味になっていますね。印刷には写っていない、セーラー服の右側の襟の角の部分のトンガリっぷりも、「荒木先生、線を引いてて気持ち良かったろうなあ」と思わされました(笑)。

A「ドドドドド」とか「バンッ」とかの擬音は、絵の上に後から描かれているようです。
ホワイトがたっぷり塗られているんですが、完全には白くなっておらず、「それでも印刷ではちゃんと白くなるんだな〜」と感心しました。青鉛筆の下描きにしてもそうですが、何が印刷されて、何が印刷されないかを熟知しているからこそのテクニック!

B手書き文字の生原稿と、印刷されたコミックスで、セリフが微妙に違う箇所もありました。
「心も隔合している」という誤字が「心も融合している」に、「かつあげロード」「カツアゲロード」に、それぞれ印刷時に修正された模様です。写植屋さんは、誤字脱字の修正も請け負っているのでしょうか?

C7巻の20・21ページの3コマ目、階段を下りた先にある柵の位置が大幅に修正されていました。元々は柵がもっと高い位置に描かれていたのが、低い位置に描き直されています。



余談ですが……、今回の秋田展を記念して、「ジョジョリオン」のオリジナルしおりが書店で配布されていました。これは2,000枚限定のけっこうレアなシロモノ。せっかくの機会なので、私もGETして来ましたよ。



限定しおり




――いやぁ〜、文化庁メディア芸術祭さまさまですね!大賞を受賞したおかげで、普段では観られない貴重な生原稿を観るチャンスがこんなにも与えられるとはッ!2014年はもうウッハウハでしたよ(死語?)。またこのようなチャンスがあった時も、どこであろうと必ずや駆け付ける覚悟です。
今回、残念ながら観に行けなかった方も、次はぜひ行きましょうッ!見応え充分、テンション上がりまくる事間違いなし、絶対に後悔はしませんぜ。




アトリオンへ遊びに行こう

完




(2014年11月8日)




TOP  戻る

inserted by FC2 system