TOP  戻る



魔老紳士ビーティー





荒木先生の初連載作品「魔少年ビーティー」。1983年から実に38年もの歳月を経て、ついに復活ッ!それがこの「魔老紳士ビーティー」です。
「ウルトラジャンプ」11月号(2021年)に読み切りとして掲載されました。原作は西尾維新氏、作画は出水ぽすか氏。荒木先生はあくまで原案に名を連ねるだけで、ほぼ関わっていないものと思われます。今までアニメや小説、ゲーム、実写映画、TVドラマと、様々なメディアで荒木先生以外の方々が荒木作品を表現してきました。しかし、「漫画」というメディアだけは聖域で、これまで誰も挑戦した者はいません。今作が史上初の試み。
私個人の意見としては、どんどんやっちゃってイイんじゃないかなって思ってます。無論、荒木作品を描けるのは荒木先生ただ1人という大前提はあるものの、いろんな人がいろんな物語を描けるだけの懐深い舞台は用意されているんですから。「荒木飛呂彦」という1つのジャンルになって、その世界をみんなで共有して広げていくってのもまた一興です。ある意味、「ガンダム」の領域に近付いていくのかも。



さて、この「魔老紳士ビーティー」、面白かったです。面白かったんですが……、正直、荒木先生へのリスペクトやオマージュがくど過ぎ。そういうのは、さりげなくちょっと添えるくらいでちょうど良いのであって、延々と見せ付けられると胸焼けしますね。結局、過去の荒木作品のパッチワークに終始しちゃったと言いますか、「荒木飛呂彦」に縛られ過ぎだと感じました。これは西尾氏による小説「OVER HEAVEN」でも感じた事。変な気を遣わず、もっともっと堂々と自分の色を出せば良いのになぁ。
「約束のネバーランド」でもお馴染みのぽすか氏の絵は、さすがの上手さ・美麗さでした。今の荒木先生にビーティーを描いてもらっても、絶対に完璧に別物になってしまうでしょう。でも、ぽすか氏の絵は、もし荒木先生の絵が「ジョジョ」とは違う方向性に進化していたとしたら、こんな風な絵柄になっていたのかもしれないと思わせるものがあります。ちゃんと当時のビーティーらしさも残しつつ、ぽすか氏の個性もしっかりあって、私は好きですね。
まぁ、そんなこんなで、今作は正統続編というより、良くも悪くもファンが描いた公式同人誌ってノリです。いや……、誰が描いてもそうなっちゃうのかな?


タイトルが示す通り、今作はなんとビーティー達が老人になっています。公一くんはチャーミングなおじいちゃんで、ビーティーはイケ爺。原作から60年後という設定なのです。これにはビックリさせられましたが、単にインパクトを狙っただけではなく、60年後にする必然性もあって好印象。スマホやネット動画、かつて盗んだ宝石なんかも使ったり、最後の仕掛けに近未来的なAIカーを用いたりしているので、そのぐらいの時間が流れていないと説得力が出ませんよね。そして何より、すっかり見た目も時代も変わってしまったけれど、「変わらぬ友情」 「変わらぬ2人」が見られたのですから。あの小気味良いやりとりに、旧い友達と再会できたような懐かしさと嬉しさを覚えました。
敵はやっぱり、そばかすの不気味少年「マナブ」。老害と化した彼が、再びビーティーと対峙します。ビーティーのライバルと言えばコイツだし、荒木先生にとっても想い出深い特別なキャラなワケで、登場は当然でした。60年経っても揺るぎないクズで安心しました(笑)。若き日の2人が描かれたコマはグッと来るものがあったな。公一くんも相変わらずのお人好しだけど、伊達に60年もビーティーの親友やってません。いざとなったら見事な演技で乗り切っちゃうクソ度胸も身に付けていました。ビーティーのおばあちゃんも健在のようで、ホントに謎の人物だ。
ちなみに、ビーティーも公一くんも結婚していました。ビーティーの嫁さんになった女性って、もしかして、「恐竜化石泥棒事件」に出て来たお姉さんだったりしない?ビーティーは年上好きだし、案外お似合いかもよ?

あと、冒頭の導入部分の公一くんの語りは昔同様、抜群の安定感と安心感。しかも、背景の家具が差し押さえられてて、不穏さも同時に漂っています。そのままシームレスに本編に繋がっていくのも、無駄のない構成でした。ただ、そうなると、まだ起きてもいない事件を紹介している事になるので、それはそれで矛盾があるんですがね。語り部は過去を語ってこそ、ですからね。
ビーティーが普通のタバコを吸っているのも、ちょっと違和感がありました。個人的には、パイプをふかしてるってイメージだったもんで。シャーロック・ホームズが彼の元ネタっていうか原点ですから、そこはこだわってほしかった。……って思ってたら、最後の最後にパイプふかしてるー!


―― まぁ、あれこれツッコミ入れちゃいましたが、私は「ビーティー」がめっちゃ好きなので楽しかったです。もうちょいオマージュを抑えて、オリジナリティーを出してくれれば、連載で読みたいくらい。
またいつの日かビーティーと公一くんに会いたいので、期待してますよ!なんなら空白の60年の間に起こった事件の数々も紹介してほしいですね。




(2021年10月19日)




TOP  戻る

inserted by FC2 system