TOP  戻る



ここに書いているのは、スタンドの個人的な解釈に過ぎません。
原作の設定・描写をベースに、
勝手に考察・妄想しただけのものです。
正確な公式データが欲しいという方には何の役にも立ちませんので悪しからず。




ドギー・スタイル / 本体: 豆銑 礼
< 肉体を「帯状」に解体する能力 >





<特徴>
スタンドが発現した経緯は不明。


のような形の頭部を持つ、異形の人型スタンド。両手足は細長く棒状になっている。
両肩には「豆」という文字がデザインされている。


恐らく、射程距離が数mほどの近距離型スタンド。しかし、そのヴィジョンからも、直接的な戦闘・攻撃には向いていないものと推測される。


本体:豆銑 礼(まめずく らい)は、東方憲助専属の果樹栽培師である。豊富な知識・知恵と、合理的な栽培スタイルにより、超一級品の果実を収穫する事が彼の生業である。
その「農民」としての絶対的な自信と誇りは、スタンドにも影響を及ぼしている。農業を始めた人類が最初に育てた「豆」、最初に家畜とした動物「犬」、これらがヴィジョンにも反映されたのだ。農民の原点を受け継ぎ、さらに先に進めて行くという、先人達への敬意確固たる自負があるのだろう。




<能力>
肉体を「帯状」に解体する能力



本体:豆銑 礼(まめずく らい)の肉体を、まるでリンゴの皮を剥くように「帯状」「テープ状」に解く能力を持つ。
当然、解体すればするほど、礼の肉体は薄く延長していく事になる。それはあたかも、どんどん伸びていく植物の「ツル」や「ツタ」のようでもあり、犬のリードのようでもある。


解体した部分は、その分、単純なパワーも強度も落ちてしまう。
しかし、ある程度は自在に動かす事も出来る。遠くの物を取ったり、トリッキーな攻撃を仕掛けたりと、その利用法はシンプルだが応用力が高い。


走行中のバスにいつの間にか乗り込み、あっさりバスジャックしていた事から、肉体の大部分を解体する事が出来そうだ。バスの車体や窓などのスキマから侵入したのだろう。
また、この時、バスの運転手が通常ならあり得ない動作(運転席から移動)をしており……、もしかすると、解体した部分を使って他人の体を強引に操る事も可能なのかもしれない。




TOP  戻る

inserted by FC2 system