TOP  戻る



ここに書いているのは、スタンドの個人的な解釈に過ぎません。
原作の設定・描写をベースに、
勝手に考察・妄想しただけのものです。
正確な公式データが欲しいという方には何の役にも立ちませんので悪しからず。




ファン・ファン・ファン / 本体: 笹目 桜二郎
< 「真下」にいる者を操る能力 >





<特徴>
@本体:笹目 桜二郎(ささめ おうじろう)が、幼い頃から持っている能力。彼の生まれ育った家は、後に「壁の目」と呼ばれる場所に建っていた。この「壁の目」に踏み入ると、スタンド能力が目醒めるケースがあるようだ。
「壁の目」とスタンド能力の因果関係は、未だ明らかになってはいない。だが、桜二郎も恐らく、幼少の頃に「壁の目」の未知なるエネルギーに影響を受け、スタンドを発現させたものと推測される。


A4本の触手を持つ、クラゲかタコのようなヴィジョンを持つ。


B射程距離は数m程度と思われる。スタンドそれ自体には、パワーやスピード、物質への干渉力はほとんど無い。ただ桜二郎のそばに現れ立つだけだ。
しかし、このスタンドの真価は肉弾戦などではなく、限定状況下での一方的な甚振りでこそ発揮されるのである。




<能力>
「真下」にいる者を操る能力



@『ファン・ファン・ファン』が、四肢のどこかにほんの僅かでも傷を付けている者の「真上」に立ったならば、その傷は「パソコンの電源マーク」のような形の「印」に変化していく。さらに、「印」が刻まれた者の「真上」に立つと、「印」が刻まれた部位を自在に操る事が出来る。そして、両手両足の4点に「印」を刻んだ者の「真上」に立てた時、この能力は完成する。「真下」にいる者の肉体を完全に支配できるのだ。
平面だった「印」は立体的に浮かび上がり、まるで杭のように突き刺さり、肉体の自由を奪い去る。どれほどの力をもってしてもビクともせず、この支配から逃れる事は誰だろうと不可能。能力の発動条件が厳しく、使い勝手が悪い分、完成した時の支配力・拘束力は強烈無比である。ターゲットはマリオネットの如く、ただ軽々と操られるのみ。


A常にターゲットの「真上」という位置を確保しておかなければならないため、作中ではマンションや海でこの能力を行使していた。
しかも、ターゲットを操るためには、まず傷を付けなければならず、あらかじめ陰湿な数多くのトラップを仕掛けていた。
その上、障害物があればターゲットの姿などまったく見えないのに、監視カメラや盗聴器をセットする事もなく、漏れ聞こえる物音や声のみで下の状況を推理・再現し、的確に追い詰めていた。聴診器のような形状と機能を持つ4本の触手から音と振動を拾い、本体:笹目桜二郎の優れた判断力と異常な執念で対応してこそ、初めて実現できた攻撃と言えよう。


Bこの能力における「真上」の定義は厳密なものではないらしく、おおよそ「真上」であれば良い。そのため、ほぼ同じ位置にいるならば、同時に複数のターゲットを操る事も可能。
また、4点を支配した場合に限り、ターゲットと『ファン・ファン・ファン』の位置関係を固定する事も出来る。派手な動作で操って攻撃しても、互いの位置関係がズレる事はなく、能力が解除される心配もない。ただし、桜二郎の集中力が大きく乱れると、この位置関係の固定は解かれてしまうようだ。


C『ファン・ファン・ファン』が支配できるのは、あくまでターゲットの肉体スタンド・ヴィジョンである。
正確には、4点支配前は肉体のみを、4点支配後は肉体とスタンド・ヴィジョンを支配し、コントロールできる。いずれにしても、スタンドの「能力」までは支配できないため、スタンド使いを相手にする際には警戒が必要となるだろう。




TOP  戻る

inserted by FC2 system