TOP  <<第23話分へ 戻る 第25話分へ>>



ほんの少し昔のジョジョ語り


ここでは、管理人がかつてノートにしたためていた
「ジョジョ」や荒木作品についての感想を公開しています。
羞恥プレイもいいとこですが、当時の記録の一環として。





TVアニメ 第24話「ノトーリアス・B・I・G」該当分
(アニメの感想はこちら




【 コミックス57巻 「フライト・コードなし!サルディニアへ向かえ」分 】

1997年12月9日(火)

『ジョジョ』は、今週号で飛行機をゲットしたと思ったら、新手がやってきて、
ミスタが銃でその敵を撃ちぬいたところで終わった。
今回も最高に面白い。
いきなり敵が撃たれ、呼吸も消えたが、このままで終わるハズもない。
一体、どんな能力のスタンドなのだろうか。今から次回が待ち遠しい。
ちなみに、ブチャラティは今でもスタンドが使えるという事が改めて分かった。
さらに、ジェット機がカッコイイ!さすがは荒木先生。
今回の闘いは、ミスタ・ジョルノ・ナランチャの3人が闘うような感じだ。
ブチャラティはともかくとしても、アバッキオもしっかり闘ってほしい。
役立ってはいるが、闘い以外での出番の方が多い。
ちなみに個人的には、ジェット機(飛行中)の中での闘いが見たい。
時速800km、高度1万メートルでの死闘だ。
それにしても、今回は合併号なので、2週間も待たなくてはならないのでつらい。
しかも次号も合併号だ…。
だが、これからのすさまじい死闘に期待する。




【 コミックス57巻 「ノトーリアス・B・I・G その①」分 】

1997年12月22日(月)

今回の『ジョジョ』もグレートに面白い。
結局、新手のスタンド名も本体名も分からないままだが、最後の方で、その能力が現れた。
と言っても、正直どんな能力なのか分からない。その能力の片鱗だけが現れたといったところか。
それに、うれしい事にジェット機は離陸し、飛びたってくれた。
これからは時速800km、高度12,000mの死闘が繰り広げられるであろう。次回が待ち遠しい。
今回は、ジョルノとミスタのコンビが闘うのだろうか。
どうもこの2人はコンビになる事が多い。まぁ、好きだし、別にいいけど。




【 コミックス57巻 「ノトーリアス・B・I・G その②」分 】

1998年1月5日(月)

今回の『ジョジョ』だが、やっと敵の正体の謎が分かりかけてきた。
『敵スタンド』の名は『ノトーリアス・B・I・G(ビッグ)』。
どうやら『本体』が死んで初めて発現したスタンドのようだ。死体だから殺せない。
一体、どのような死闘が繰り広げられるのだろう。
敵は、ジョルノの腕にとりつき、ジョルノの肉を食いながら成長していく。
かなりおぞましく、グロテスクな能力だ。恐らく、『バイオ・ハザード』の影響だろう。
しかし、荒木先生もゲームをするようなので、正直驚いた。

(※ 前々号のジャンプ巻末で、「バイオ2」発売を喜ぶコメントを書かれていたのです。)




【 コミックス57巻 「ノトーリアス・B・I・G その③」分 】

1998年1月13日(火)

今週の『ジョジョ』は、いよいよ『ノトーリアス・B・I・G』戦も盛り上がり、面白くなってきた。
敵には動く物を探知し、優先的に攻撃してくるという能力を持っていた。
ミスタとナランチャは敵に攻撃され、やられてしまい、
今回はジョルノともしかすればブチャラティとでたおすのだろう。
しかし、本当にどうやってたおすのだろうか。
ジョルノは飛行機の窓をブチ破り、食われている左腕ごと切断し、機外へ追い出そうとしている。
が、追い出せたとしても飛行機自体が時速800kmものスピードで動いているのだから、
敵も同じスピードで追跡して来るのではないかと思う。
それに、飛行機内の空気とかも全部外に出してしまっていいのだろうか。
その高度では人間はこんすい状態に陥るはずだ。
けど、ジョルノの事だから、何かしら策があるに違いない。
しかし、『ゴールド・E』の腕が、これで両方なくなる事になってしまうが、それで能力を発揮できるのかも謎だ。
とにかく、次回も楽しみだ。
それと、ここ最近やけにトリッシュがかわいくなってきて良い。




【 コミックス58巻 「ノトーリアス・B・I・G その④」分 】

1998年1月20日(火)

今回の『ジョジョ』は、予想通り飛行機自体が動いているため、敵を追い出す事はできなかった。
さらにジョルノの両腕も切断され、再起不能となる。
そして、予想外な事に今回はいよいよトリッシュが戦いの場へ…!次回でトリッシュのスタンド登場か!?
その上、次号は何と巻頭カラー!!もう待ちに待ったという感じで、めちゃハイになる。
今から楽しみだ。『ジョジョ』は、これからますます激しく面白くなりそうだ。
ちなみに、ジョルノは再起不能ではなく、まだトリッシュ次第で復活可能だ。
しかし、てんとう虫のブローチはよく使用されるなあ。とにかく楽しみだ。
やっぱりトリッシュはかわいくなってる。
ちなみに、トリッシュのスタンド名は絶対『ピンク・フロイド』だと思う。ずっと前からそう思っている。




(2019年4月27日)




TOP  <<第23話分へ 戻る 第25話分へ>>

inserted by FC2 system