TOP  <<#037 戻る #039>>



慌てないで…
ここは「探すために」立ち向かって行くのよ


#038 ドライブレコーダー





●今月のウルジャンは創刊20周年記念号!普段とはちょっと違った、銀ピカの豪華表紙となっています。そんな栄えある表紙を飾ったのが、我らが「ジョジョリオン」であります。
描かれたのは、しゃがんで堂々たるポーズを決める定助ッ!背後にはうっすら『ソフト&ウェット』の姿も。緊張した全身が生み出す鋭角的なラインのカッコ良さに惚れ惚れしちゃいますね〜。カラーリングにしても、メインの紫から一見シックな印象も受けますが、胸元や腰回り、スニーカーなんかがカラフルで目に楽しい。定助や「ジョジョリオン」そのもののシンボル・アイコンとも言える「しゃぼん玉」も無数に舞い、しかも星の色がそれぞれ違っててファンタジックです。個人的にかなりお気に入りの1枚となりました。ウルジャンの表紙イラストの中では、セーラー康穂と並んで2強かも!?
さらにッ!裏表紙を見ると……、なんとイギー登場ッ!次号、イギーのオリジナル・ストラップが付録になるらしく、それで裏表紙にまで抜擢されたようです。「ジョジョニウム」15巻の表紙に近いけど、ベロ出してるせいか、こっちの方がよりアホっぽい(笑)。そんなワケで、定助&イギーという世にも奇妙なコンビが読者を迎えてくれたのでした。


●今回のトビラ絵は、定助のドドドアップ!顔の右半分だけがドーンと描かれてます。前歯もちゃんとスキっ歯になってました。「吉良吉影」と「もう1人の人物・X」、2人の瞳を持つ定助ですが……、彼の瞳に映る「真実」とは一体どんなものなのか!?
――さて、本編。定助ではなく、つるぎちゃんのモノローグからスタートです。「謎の果実(フルーツ)」を巡る相関関係のおさらい。そして、普通に予想は出来たけど、ここで初めて「夜露と常敏が繋がっている」という事実も明言されました。ツッコミ所とすれば、岩になる「病気」に罹る年齢が「11歳」になってる点でしょうか?「10歳」だったり「11歳」だったり、どうもハッキリしませんね(笑)。
「父さんは何故、家族にも秘密にしているんだろう?」……。そんな風に物思いに耽っていたつるぎちゃん。しかし、シリアスな脳内とは反対に、体の方は単なるエロガキ!康穂のなめらかな太ももを撫で回し、頬をスリスリさせてやがる!あまつさえ、康穂が車庫の窓によじ登る手助けをするドサクサに、彼女のキレイなおみ足をペロペロし出す始末。康穂を「離れ」の地下室に引っ張り込んだ時も、おっぱい揉んだり耳を舐めたりしてたしな。こんな事を自然にやってのけるんだから末恐ろしい。常秀も、定助よりつるぎちゃんをマークした方がいいぞ。……ただ、ヨイショ ヨイショ って擬音はちょっと可愛かったです。


●どうにか車庫に潜入できた康穂とつるぎちゃん。黄金色のランボルギーニ・ガヤルドは目の前です。とは言え、スタンドが何なのかもよく分からないまま、つるぎちゃんに連れて来られた康穂。一体、何をどうすればいいのか困惑してます。「フルーツが古ぅう〜〜ツ!」と苦しいダジャレをかますつるぎちゃんですが、そんな彼も別に具体的な作戦があるってワケではなさそう。随分と行き当たりバッタリだな(汗)。
とりあえずガヤルドのドアを開けて、中に座ってみようという事に。すると、康穂のケータイに着信が!それは謎めいたメール。「欲しいものを選んで。」と、「懐中電燈」か「焼肉弁当」か選択を要求するメール。「こんな時にのんきにケータイなんていじってんなよ」って態度のつるぎちゃん、不意に閃くッ!「とにかくどっちか選んでみて!」と康穂に迫ります。康穂がなんとなく「懐中電燈」を選ぶと、いきなりガヤルドのドアが開き、中から『ペイズリー・パーク』登場。康穂の「影」としてではなく、ここまで明確に人型で現れたのは初めてかもしれません。
その手には懐中電燈があり、本体である康穂に手渡されました。どうやら謎のメールは、『ペイズリー・パーク』の能力によるナビの一環だったようです。同時に、『ペイズリー・パーク』の顔が地球儀のように変化したかと思うと、ガヤルドのドライブレコーダーとの同期・同調に成功したっぽい。行き当たりバッタリでも、ここまでは割と順調ですね。やっと康穂が自らの意志によって能力を使う時が訪れました!


●場面は変わって、定助サイドへ。冷や汗ダラダラな定助にティッシュを差し出し、汗を拭くように促す常敏。ここは常敏の部屋である以上、主にそう言われては断る事も難しい。汗をフキフキする定助に対し、常敏の質問タイムがやって来ました。その目的はあくまで、定助の真の「狙い」を知る事。さっきのクワガタ相撲の賭けに難癖つける気は毛頭なく、自分の負けは負けとして認め、3,000万もするガヤルドも「くれてやる」とあっさり言い放つのがスゲー。その潔さ、やはり大物です。
定助にとって重要なのは、常敏に最後まで「狙い」を気付かれない事。そうすれば、「果実」の樹木の場所が掴めるはず。……そう意気込む定助でしたが、唐突に鼻血が出て来ました。鼻が「熱」を持っていて、そのせいで血管が破れ、大量の鼻血が流れ出た模様。「おいおい?大丈夫かよ」と、常秀がちょっぴり心配してくれてますよ(笑)。普段は意地悪だし、定助を嫌ってもいるけど、さすがにケガや病気になった時にまで同じ態度を取るほどゲスでもないって事か。やっぱ憎めないヤツです。
それはともかく、定助の鼻に宿った「熱」!もちろん常敏のスタンド能力によるものでした。さっきのローゼンベルグも、常敏は筆で払っていた。定助も、常敏が持って来たティッシュで顔を拭いた。つまり、常敏のスタンドで操作された「熱」「温度」は、触れたモノへと移動していく……という事なんでしょう。まあ、鼻に触れた手とかが熱くならないのだから、二次感染的な広がりはなさそうですが。あるいは、常敏が定助の鼻に「熱」を固定したから、それ以上の感染がないってだけ?


●鼻の血管の一部分だけ、70℃以上もの「熱」を持たされた定助。時間稼ぎどころか、思いっきり追い詰められてしまいました。常敏の質問は、すでに拷問に変わっているのか。常敏がクワガタ好きという情報を、定助に教えた協力者がいるはず。そいつの正体と目的をも突き止めようとする常敏。しかも、鼻血がどんどん出ているのに、常敏が差し出すティッシュを使おうとしない定助は実に怪しい。
ところがッ!次の瞬間、クワガタの飼育室でスプリンクラーが作動。大事なクワガタが溺れては大変!そっちに気を取られた隙に、定助はまんまとトンズラ大成功です。定助は「しゃぼん玉」で自分の鼻に宿った「熱」を奪い、それを使ってスプリンクラーを作動させたのでした。……えっ?「しゃぼん玉」は定助自身には使えないだろって?成長したんだよ!!もしくは、定助自身の「体温」を上げられたのではなく、「熱」の塊がくっ付けられたって扱いならば、その塊の「温度」を「しゃぼん玉」で奪って下げる事は可能かもしれません。まあ、そういう感じでよろしく。
猛ダッシュで逃げる定助ですが、常敏は追い掛ける事はしませんでした。妙な偶然が重なり過ぎている事実。ここに至って、ついに常敏は定助もスタンド使いであり、さっきのクワガタ相撲が実はスタンド・バトルであった事に気付きます。大弥ちゃんは定助がスタンド使いだって情報を誰か(恐らく憲助さん?)から聞いていたようですが、常敏は知らなかった・知らされていなかったって事か。定助が東方家に来たらすぐ海外に行ってしまって、昨日がほとんど初対面ですからね。無理もないか。そもそも、憲助さんも家族の誰がスタンド使いで、どんな能力かまで把握はしていないだろうし。
いずれにせよ、常敏は定助が逃げた方向とは逆方向を探る事に。定助に協力者がいるならば、定助は自分の方に常敏達を引き付けようとするはず。常敏達を協力者から遠ざけようとするはず。つまり、逆方向に協力者がいる!抜け目ないビジネスマンだけあって、さすがに鋭いですね。ただし、常敏自身は、協力者が家族の誰かなのではと疑い始めています。きっとそれは、常敏にとって許せない裏切り行為。つるぎちゃんの思惑を知った時、どんなリアクションするんだろう?


●場面は再び康穂サイドへ。せっかくドライブレコーダーを調べる事が出来たのに、この車がどこかへ立ち寄った痕跡は見当たらず!帰国してからは、東方フルーツパーラーへ行って、東方家に戻って来ただけ。ほんの3kmしか走行していなかったのです。走行記録を削除・改竄した形跡もなく、ショックを受けるつるぎちゃん。自分の都合のいい願望でしかなかったのか?
すると、そこに現れたのは常敏ッ!慌てて身をかがめるものの、このままでは見付かるのも時間の問題!つるぎちゃんは絶望の涙を流します。しかし、康穂はつるぎちゃんを優しく抱き締めると、「ここは「探すために」立ち向かって行くのよ」とクールに力強く言い切るのでした。常敏の様子からして、本気で探しに来たというより、念のために見てみるか程度の理由で来た事が感じ取れる。だったら、切り抜けられる。康穂もいよいよスタンド使いに、立ち向かう者に、なってきましたね!
常秀までやって来て、常敏と一緒にガヤルドをチェック。でも、何も異常はない。常秀は直感オンリーで「定助の狙いはドライブレコーダー」とズバリ言い当てちゃいましたが、常敏の方には特に心当たりがなかったらしく却下。あ、危ない……。クワガタ相撲の時もそうだったけど、常秀は勘だけは鋭いヤツなんですね。めんどくせー!(笑)
しかし、常敏には定助が何者か調べる心当たりはあるようです。動くのは、それを調べてから。ひとまずの危機は脱したけれど、なんか後で余計にピンチになりそうな流れ。


●常敏達が立ち去ると……、康穂とつるぎちゃんは一安心。2人はガヤルドではなく、その隣に停めてあった憲助さんのワンボックス・カーに隠れていたのです。懐中電燈で照らした場所に、ワンボックスのキーが置かれていたらしい。やはり『ペイズリー・パーク』の導きは頼りになるぜ。
さらに康穂は、ドライブレコーダーに路上の防犯カメラが映っていた事に気付きました。赤信号で停車中、歩道にあった防犯カメラが映っていたのです。なんと『ペイズリー・パーク』は、その防犯カメラの方を調べてみたというのです!防犯カメラの録画記録が、康穂のケータイに映し出されます。そこには、昨日の夕方、赤信号で停車するガヤルドを確かに捉えていました!1つの視点からでは見えないモノも、別の視点からなら浮かび上がってくるのです。この発想の転換、お見事。心が強くなったせいか、康穂もだいぶスタンドをコントロール出来るように成長してきた様子。つーか、作中の人物がようやく『ペイズリー・パーク』って名前を喋りましたね。つるぎちゃんが叫んでるけど、康穂が自分で名付けたと思いたい(笑)。
防犯カメラの映像には、停車中のガヤルドに近付き、常敏と接触する若い男の姿がッ!どことな〜く川尻浩作を彷彿とさせる顔立ちですが、ターバンっぽいの頭に巻いたりしてます。そして、男の手には、なんとあの「果実」が成っている木を植えた鉢。どうやら常敏は、この男を通じて「果実」に触れるか「果実」を受け取るかした模様です。増して、こんな街中で赤信号の間だけの接触って事から、この男はあまり関わると危険なヤバいヤツという事が推測されます。果たして、この男と常敏の、そして夜露との関係は!?


●謎の男が持っていた鉢に植えられている「果実」の木。それは重力を無視したかのように、上下さかさまにも見えます。上下さかさまの木=「セフィロトの樹」⇒「生命の樹」。こじつけかもしれませんけど、ますますあの「果実」が「生命の実」に感じられます。
そして、あの男の正体は何なんでしょう?まさか「果実」を所有しているなんて。もしかすると、夜露と同じ「岩人間」の1人だったりして。「岩人間」は「果実」について色々詳しくて、常敏はそれを知りたいから、夜露を初めとする「岩人間」達とコンタクトを取っている?きっと常敏の心当たりとやらも、この男の事なんでしょう。
あの男もスタンド使いだとしたら、その能力は何かな?なんかファッション的に巻いたり捻ったりしてる風なので、「物質を捻じ曲げる能力」とか。
――謎だらけですが、その分、考え甲斐もあるってもんです。2015年を迎える前に一度、「ジョジョリオン」の謎を整理して、それらに対する自分の予想・妄想もたっぷりまとめてみようかな〜。たっぷり!( 2015年1月9日、どうにかまとめてみました。  こちら )


★今月は45ページ!めっさ面白かったです。常敏のスタンドがもっと描かれてほしかったけど、追い詰められて切り抜けるっていうハラハラ感がたまりませんでした。とうとう康穂がスタンド使いとして自覚したし、さらなる謎も投下されたし、2015年も大いに盛り上がりそう。
作者コメントは「Dirty LoopsとYESのライブに行った。音楽を「聴かせる」素晴らしい演奏でした。」との事。おおっ、やっぱり荒木先生も行かれてたのか。洋楽のライブって行った事ないんで、一度は行ってみたいもんです。
次号の表紙もまたもや「ジョジョリオン」!荒木先生のカラーイラストを観られる機会が増えると、ホントに嬉しいっス。どんな絵でしょうかね?楽しみッ!


◆さてさて、原作以外での要注目情報とすれば……、3部アニメのエジプト編が来年1月9日から放送開始するようです。イギーも加わって、ますます熱くなる事確実ッ!
そして、何と言っても新作ゲームの発表でしょう。PS4/PS3用ソフトで、部を超えてキャラ達がタッグを組んでバトルするゲームらしい。その名も「ジョジョの奇妙な冒険 Eyes of Heaven(アイズ・オブ・ヘブン)」!タイトルからして『天国』を目指したDIOっぽいイメージがあるけど、「Eyes of Heaven」とは「星」を意味する言葉であるようで、ジョースター家のイメージも同時にある。しかも、「目」は(大概の人は)2つで1セットなので「タッグ」を暗示してもいそう。「キン肉マン」における「夢の超人タッグ」を「ジョジョ」風に言えば、「アイズ・オブ・ヘブン」になるのかもしれませんね(笑)。いいネーミングです。
正直、「ASB」がアレだったんで警戒してしまうトコですが、あえて再びジョジョゲーを作る決断をしたからには理由があるはずです。バンナムとCC2によっぽど作品への自信と覚悟があるか、はたまた、よっぽどユーザーとジョジョファンをナメくさってるかのどっちかに違いない。前者である事を、今は祈っておこうかな……。まっ、ゲームの出来に関係なく、荒木先生の描き下ろしイラストインタビューなんかは超期待しまくってます!




(2014年12月19日)




TOP  <<#037 戻る #039>>

inserted by FC2 system