TOP  戻る



完結記念!!
● 「ジョジョリオン」公式完全読本 ●

空条家編





Q01. 空条仗世文はジョースターの血統なのか?

A. YES!YES!YES! (実は父:貞文がジョースター)

( 解 説 )
作並カレラが持っていた写真には、左肩に「星のアザ」のある仗世文が写っていた。(第44話) しかし結局、空条家とジョースター家の関係は語られぬままであった。
ただ、「星のアザ」が描かれていた事は事実だし、名前から言っても、やはりジョースターの血を引いているものとして考えたい。母:聖美は、水着姿でも「星のアザ」はまったく見えなかった。(第50話) なので、ここでは父:貞文がジョースターの血統という事にする。 (ちなみに、「貞」という字は「じょう」とも読める。)
例えば、ジョセフ・ジョースターの妹が日本人男性の空条氏と結婚。その子どもが貞文、という可能性もある。ジョセフは祖母:理那と共にS市で暮らしていたのだから、彼の兄弟姉妹もそうだとしても何ら不思議はない。(第110話) 日本人と結婚する事も自然であろう。つまり仗世文は、父方の祖母からジョースターの血を、母方の祖父から「仗世文」の名をもらったのだ。


―― 以上の回答は、あくまで私の願望・妄想に過ぎない。
それに納得できない場合は……、「仗世文」の名前だけもらった、ジョースターの血統ではない普通の少年、と考えても良いだろう。あの「星のアザ」は、吉良吉影やその母:ホリーさんに憧れて付けたタトゥーシールか何かなのだ。
(2021年9月17日)




Q02. 仗世文のパスポートの写真がダモカンだった理由は?

A. ダモカンが仗世文の戸籍を乗っ取っていた

( 解 説 )
広瀬康穂が見付け出した、仗世文のパスポートの写真。しかし、その顔はダモカンこと田最環その人であった。(第48話)
これは「岩人間」の常套手段、戸籍の乗っ取りである。死んだ(または殺した)人間の戸籍を奪い、その人物に成りすますのだ。ダモカンは仗世文の行方を捜していた。(第54話) だからこそ、仗世文に成りすまし、家を勝手にクリーニング店に改装までしたのである。そこまでされては、仗世文本人はまともに社会生活を営めなくなるだろう。普通に生きるためには、戸籍や家を取り戻す必要がある。そのためには、ダモカンに会って倒さなければならない。つまり、戸籍の乗っ取りは、行方の知れない仗世文をおびき寄せる餌だったのだ。
(2021年9月17日)




Q03. 「吸い上げる能力」でどうやって接ぎ木したのか?

A. 枝と枝の「継ぎ目」を吸い上げてくっ付けた

( 解 説 )
仗世文のスタンド『ソフト&ウェット』は、吸い上げる能力を持つ。(第50話) この能力を使って、「ロカカカ」の枝を接ぎ木していた。
そもそもこの「吸い上げる能力」とは、東方定助の『ソフト&ウェット』の「奪う能力」と非常によく似ている。「しゃぼん玉」が何かを吸収し、奪い取ってしまうワケなので、(微妙な差異はあるのだろうが)ほとんど言い方を変えただけのようなものだ。この能力によって、枝と枝の「継ぎ目」を吸い上げる事で、ピッタリとくっ付けたのである。
(2021年11月3日)




Q04. 母:聖美は仗世文をどう思っているのか?

A. もう1人の子を産んでから、仗世文も大事に想えるようになった

( 解 説 )
仗世文の母:聖美は、スマホの中にたくさんの仗世文の写真を保存していた。(第110話) 行方不明の仗世文を捜しているようである。
しかし彼女は、海で溺れる幼い仗世文を見殺しにするわ、一命を取り留めた事に軽くショックを受けるわ、ロクなもんではなかった。(第50話) そして仗世文自身、母の愛などまったく信じておらず、「自分はいつも見捨てられる」 「誰も気にも留めない」という自己否定の想いで満ち満ちていた。(第52話) その上、他人のカレラは定助を仗世文だと感じ取っていたのに、親の聖美はまるで気付く様子もなかった。仗世文にとって、良い母親ではなかった事は間違いない。
ただ……、彼女には最近、1つの大きな変化があった。もう1人の子を産んだ事だ。恐らく、貞文とは離婚し、他の男と付き合って出来たのがあの赤ん坊なのだろう。仗世文の異父兄弟である。その子を育てているうち、仗世文の事もしばしば想い出すようになり、今さらながら愛情が湧いてきたのかもしれない。もっとも、母の元から離れ、1人暮らししていたっぽい仗世文には伝わる事はなかった。
(2021年9月17日)




Q05. 父:貞文はどこで何をしているのか?

A. すでに死んでいるのかも

( 解 説 )
仗世文の母:聖美の描写はあるのに、父:貞文は一切描かれていない。仗世文も父の事を考えもしていない。どんな人物で、どこで何をしているのか、まったくもって不明。第3部の主人公:空条承太郎の父親:空条貞夫以上に謎多き男である。
すでに死んでいる、と受け取るのが一番しっくり来そうだ。もし生きていて、近くに住んでいるのであれば、定助なり康穂なりが見付け出して会いに行ったりしているだろう。貞夫と同じように、ジャズミュージシャンで現在演奏旅行中だったりしても、何かしらの話題には上りそうなものである。ここまで何も触れられないという事は、触れようがない、見付けようがない、会いようがない、という事なのかもしれない。一応、Q01.では勝手にジョースターの血統という事にしているが、そんな彼がどんな人生を歩み、どんな死を迎えたのかは大いに気になるところである。
(2021年9月17日)








TOP  戻る

inserted by FC2 system