TOP   <<No.22  戻る  No.24>>     簡易ページへ



「ジョジョリオン」の謎と考察・予想をまとめたよ


No.23 【 夜露が持っていた「フルーツ」とは何なのか? 】






【第1版】
夜露が持っていた、イチジクにも似た形の謎の「フルーツ」。夜露は、石化している犬(岩助)にこれを食べさせ、元の姿に戻したらしい。
「ジョジョリオン」という物語の核心に迫るキー・アイテムが、この「フルーツ」です。その正体とは一体、何なんでしょうか?



単刀直入に言うと、あれは「聖書」にも書かれている「生命の実」です。「聖書」によれば、「エデンの園」と呼ばれる楽園の中央に、「生命の樹」と「知恵の樹」という2本の樹が植えられているとの事。2本の樹と言えば……、そうです。杜王町の海岸にある「瞑想の松」こと「二本松」
「SBR」17巻にて、磔刑から復活したイエス・キリスト(ここではあえて断言しちゃいます)は日本っぽい土地に立ち寄り、そこで船を造ってアメリカ大陸に渡ったとされています。その日本っぽい土地こそが、実は現在の杜王町なのです。イエス・キリストの聖なるパワーの影響で「二本松」は聖樹と化し、2000年以上にも渡ってその場にそびえ続けていました。「二本松」の1本が「生命の樹」に、もう1本が「知恵の樹」になったのです。「生命の樹」に成る「生命の実」、「知恵の樹」に成る「知恵の実」……、この2つの聖なる果実は数百年に一度だけ実ります。樹から切り離された「果実」は、その後は決して腐る事なく、そのままの状態で存在し続けるでしょう。





さらに、この「二本松」の根本の洞には、1901年にジョニィによって「聖なる遺体」(イエス・キリストの遺体)が隠された事もありました。その際、「二本松」に宿る聖なるパワーがもっと強まったものと思われます。普段は普通の松の木だけど、この時はイレギュラー的に聖樹化し「実」を付けたのでしょう。


あの「フルーツ」が「生命の実」である根拠はまだあります。常敏に接触して来た男が、あの「フルーツ」の成る木を鉢植えで持っていましたが……、その形状が実に奇妙。重力が逆転したかのように、上下さかさまに実が成っていたのです。
上下さかさまの樹と言えば、「セフィロトの樹」を連想します。これは「神の法則」「世界の真理」の概念図と言うべきものでもあり、その形は上下さかさまになった構造として描かれています。そして、この「セフィロトの樹」の別名が「生命の樹」なのです。
ただし、夜露が持っていた方の「フルーツ」は、実は「記憶の男」から預かったものだった、と予想しています。「記憶の男」はかつて、「二本松」から大量に「フルーツ」をもぎ取って保管していたのです。(⇒ No.5 【第1版】参照) 樹木の形が『キング・ナッシング』の予測とは異なるのも、もともとの出どころが違うから。鉢植えの木は、「記憶の男」が持っていた「フルーツ」の種から栽培したものだったのでしょう。 (2016/01/31:削除)


……ちなみに、「聖書」には、「エデンの園」は「東の方」にある、とも書かれています。「東の方」、すなわち「東方」家。東方家は「エデンの園」でもあるワケです。フルーツ屋であり、果樹園でフルーツを栽培してもいる東方家。そんな「東方」家の敷地に「二本松」があるというのは、ある種、必然だったのかもしれません。
(果樹園では、東方家が栽培している立派なイチジクが意味深に描かれてもいました。なんか重要な意味がありそうな気もしますが、単に「生命の実」がイチジクに似ている事を絵的に説明するためだけの「ストーリー上の小道具」だったのかも。)
そう考えると、自分の居場所も帰る場所も見失ってしまっている定助と康穂は、楽園を追放されたアダムとイヴだったりするんでしょうかね?




では、この「生命の実」を食べるとどうなってしまうのか?
溢れんばかりの生命力を得る事で、どんな病気もケガも治り、不老長寿を手に入れられるのです。さらに、その聖なるパワーを取り込む事により、スタンド能力まで引き出されるのです。ただし代償として、食べた者(とその血を継ぐ者)は「岩人間」として生きる宿命を負う事になります。真っ当な人間としての人生はもう送れなくなってしまうでしょう。
この「岩人間」については、別のページにまとめています。(⇒ No.25 【第1版】参照)


もう1つの「知恵の実」についても、別のページにまとめています。(⇒ No.15 【第1版】参照)



(追記1)廃止



(追記2)廃止



(追記3)
第46話冒頭での「岩人間」解説の中で、「岩人間」が数千年以上昔から存在しているらしい記述がありました。それが事実だとすれば……、また、「生命の実」を食べた者が「岩人間」に進化するという予想が正しいとすれば……、どう解釈すべきなのでしょうか?
恐らく「生命の樹」と「知恵の樹」は、イエス・キリストの力で杜王町に生まれるより遥か以前にも、別に存在していたのでしょう。それこそ数千年以上もの大昔に。その時、「生命の実」を食べた人間が続々と「岩人間」と化し、いつしか「進化の木」の中にも存在を書き加えられる事となりました。ところが、理由や詳細は謎ですが、この2本の聖樹はやがて歴史の闇の何処かへと消え去ります。ただし、人々の間で伝説としては語り継がれ、それが「創世記」の内容にも反映された……りしたのかもしれません。

「生命の実」が失われた事で、「岩人間」は永らく自然交配でのみ個体数を増やしていきました。生来の先天性「岩人間」しか存在しない時代が続きます。
しかし、およそ2000年前、イエス・キリストによって2本の聖樹は杜王町に復活!新たに成った「生命の実」を食べる事で、後天性「岩人間」もまた新たに誕生していったのです。即ち今は、先天性と後天性、微妙に異なる立場の「岩人間」が混在している状況と言えるでしょう。
(定助の半身「X」(⇒ No.12 【第2版】参照) や愛唱は先天性、夜露や「記憶の男」は後天性の「岩人間」と予想しています。)



(追記4)
第47話にて、「ロカカカ」のルーツが説明されました。それによれば、1938年にニューギニア島の高地で発見された果実であるらしい。ただし、島の原住民達は古来より「ロカカカ」を重宝し、「等価交換」の力の恩恵を受けていた様子。そして、第2次世界大戦の際、ニューギニア島の半分は日本軍によって占領され、以来、「ロカカカ」の報告は途絶え、伝説と化してしまったとの事です。
非常に重要な過去話ではありますが、これだけではまだ謎も多く残されたまま。「ロカカカ」はいつから存在するのか?何故、「ロカカカ」がニューギニア島に存在したのか?原住民は5万年も大昔から島に住んでいるそうですが、「ロカカカ」も初めから島にあったとは限りません。いつの時代にか、誰かが人工的に作り出したのかもしれないし、誰かが島に運んで来たのかもしれない。……その真のルーツに迫ってみたいと思います。これまでの予想を活かしつつ、考えて(こじつけて)みました!


そもそもの起源が、約2000年前にイエス・キリストが杜王町を訪れた際に生まれた「生命の樹」と「知恵の樹」である、という部分は変わりません。この時、「生命の実」がいくつか海に落ち、遠く流されていきました。それらはやがて、ニューギニア島に漂着。原住民が「実」を拾って食べ、神懸かった力に気付いて畏怖します。神聖視された「実」は、島で最も高い地にその「種」を埋められ、崇められたのでした。そして、埋められた「種」から芽生えたのが「ロカカカ」だったのです。
「生命の実」の「種」は、地球上でもニューギニア島独自の環境下でのみ発芽・発育できます。それも、「ロカカカ」という突然変異種となって。はるばるニューギニア島まで流れ着いたのも、「実」と土地が引かれ合ったためなのです。
そして時は流れ、第2次世界大戦の頃……、この「ロカカカ」は、ニューギニア島へと出征してきたある日本兵によって、日本に持ち込まれました。その日本兵の名は、東方 常照。3代目「東方 憲助」その人であり、現家長:憲助さんの父親にあたる人物です。偶然にも、見た事もない奇妙なフルーツを見付け、故郷にまで密かに持ち帰ったのです。(「ロカカカ」が杜王町の「生命の樹」と引き合った結果でもあります。)それが今、日本に、杜王町に、「ロカカカ」が存在する理由。
……ただし、「東方ふるうつ屋」の蔵に保管していたはずの「ロカカカ」と研究データは、後に「記憶の男」に盗み出されてしまいます。こうして「ロカカカ」は「岩人間」の手に渡り、東方家は「ロカカカ」というフルーツの存在すら忘れ去っていくのでした。

「生命の実」も「ロカカカ」も、聖人の遺体と同様、決して腐る事はありません。だから、そのままの姿で海を渡れたし、長い年月、維持・保存する事も出来ました。しかし、突然変異種「ロカカカ」は、原種「生命の実」と比べて聖なるパワーが著しくダウン。「岩人間」を生み出す力はもはや無く、食べた者の体内で「等価交換」を起こすだけ。
さらに、ニューギニア島以外の場所で生育した「ロカカカ」は、世代が新しくなるごとに聖なるパワーがどんどん減退していきます。発育も悪く、鉢植えでの栽培で事足りる程度の大きさにしか育ちません。ゆえに、まだ強いパワーが残る古い世代の「ロカカカ」は貴重なのです。 それを吉良達が勝手に処分・強奪したんだから、「岩人間」の怒りも当然でしょう。 (2016/06/30:削除)
なお、「ロカカカ」は新しい世代ほど強い依存性・中毒性を持つようになります。「等価交換」の力自体にはそれほど大きい差はありませんが……、 (2016/06/30:削除) 新しい世代の「ロカカカ」を食べた者は、しばらくするとまた「ロカカカ」を渇望してしまうワケです。その上、「等価交換」で失った部位を再び「等価交換」で取り戻しても、元々の肉体よりも脆くなってしまい、最終的には全身が土砂と化して崩れ去ってしまうでしょう。こうして土砂化した肉体は、「ロカカカ」の養分として再利用される事にもなります。(⇒ No.30 【第1版】参照)


――このように、「ロカカカ」が出来損ないの「生命の実」である、という予想は変わりません。どちらも同じ起源を持つフルーツなのです。
「岩人間」達は、世代が新しくなるごとに失われていく「ロカカカ」の聖なるパワーを復活させたいと思っています。日本でもニューギニア島と同じように、それ以上に、「ロカカカ」を強く健全に生育させたい。そして可能ならば、「ロカカカ」を「生命の実」にまで還元させたい。それを実現する方法を発見・確立しようと、模索しながら栽培・改良を続けているのです。その研究材料としても、古い世代の「ロカカカ」(またはニューギニア島で育った「ロカカカ」)はやはり重要。「岩人間」の吉良達への憎悪は、尚の事ハンパじゃ済みません。 (2016/06/30:削除)



(追記5)
ダモカンこと田最環とのバトルにて、「X(=空条仗世文)」と「吉良吉影」の過去編が描かれました。この2人が「融合」し、定助が誕生するに至るストーリーも語られたワケですが……、そこには驚きの事実も隠されていたのです。
なんと、「壁の目」近辺の樹に「継ぎ木」して育てた「ロカカカ」の実に、他の「ロカカカ」には無い新たなパワーが宿ったのです。通常の「ロカカカ」は、食べた本人の体内でのみ「等価交換」を引き起こします。本人の「眼」と引き換えに、「脚」を取り戻す。「口」と引き換えに「肩」を治す。実際に食べた者達には、そんな現象が起きていました。……ところが、「継ぎ木」して育てた「ロカカカ」(以下、便宜上「ロカカカ改」と仮称)は、「食べた本人」と「それ以外の他人」との間で「等価交換」を起こしたのです。「ロカカカ改」を食べた吉良の肉体と、その吉良に触れた仗世文の肉体との間で「等価交換」が発生しました。これにより、吉良が負った致命的な傷は、仗世文の肉体と引き換えに完治。
この世のどこかの誰かと「等価交換」する「聖なる遺体」。一緒に埋まったモノ同士が「等価交換」される「壁の目」。……「食べた者」と「触れた者」が「等価交換」する「ロカカカ改」は、つまり、それらに次ぐパワーを有しているという事です。

では、何故「ロカカカ」が「ロカカカ改」になったのか?それはやっぱり「二本松」の近くだったから、でしょう。前述の通り、「二本松」が2本の聖樹「生命の樹」と「知恵の樹」であるなら、これこそが全ての起源。聖なるパワーの根源。その場所で「ロカカカ」を育てれば、「二本松」を中心とする土地一帯の聖なるパワーと共鳴し合い、より強いパワーを宿すのは至極当然です。
このまま「ロカカカ改」の栽培を続けていけば、やがては「生命の実」に限りなく近い果実にまで変異したりするのかもしれません。あるいは、条件次第では、オリジナルをも超えるパワーを秘め始める事もあり得る?




なお、旧版はこちらに置いときます。 旧版




(2015年1月9日:【第1版】更新)
(2015年1月19日:【第1版】追記1)
(2015年7月18日:【第1版】追記2)
(2015年8月23日:【第1版】追記3)
(2015年9月22日:【第1版】追記4)
(2016年1月31日:【第1版】追記1・2を廃止)
(2016年6月30日:【第1版】追記5)




TOP   <<No.22  戻る  No.24>>     簡易ページへ

inserted by FC2 system