TOP   <<No.30  戻る  No.32>>     簡易ページへ



「ジョジョリオン」の謎と考察・予想をまとめたよ


No.31 【 「呪い」とは何なのか? 】






【第1版】
第1話ラストの康穂のモノローグによれば、この「ジョジョリオン」という物語は「呪い」を解く物語なのだそうです。
さらに、ここで言う「呪い」とは、主に次の3つの意味を持つらしい。1つは、自分の知らない遠い先祖の犯した罪から続く「穢れ」。1つは、坂上田村麻呂が行なった蝦夷征伐から続いている「恨み」。そしてもう1つは、人類が誕生し、物事の「白」と「黒」をはっきり区別した時にその間に生まれる「摩擦」
この説明だけではざっくりし過ぎてて、今イチ分かりにくいかもしれません。結局、「呪い」とは何を示しているのか?物語のテーマそのものでもある「呪い」について、もうちょっと具体的に考えてみたいと思います。



まずは「穢れ」について。
先祖の犯した罪が、今を生きる子孫達の人生をも縛り付けてしまう。そんな重苦しいイメージを受けます。「ジョジョリオン」において先祖と言えば、やはりジョニィ・ジョースターを思い出す事でしょう。1901年、ジョニィが杜王町に持ち込んだ「聖なる遺体」。ジョニィは愛する妻と息子を救うため、「遺体」の力を使い、そして自ら命を落としました。……ところが、そのジョニィの意志と行動は、彼自身も意図しない形で後の世にまで影響を及ぼし続けています。「カツアゲロード」はその一例。
これと同じような事が、他にも起こっているのではないかと私は予想しています。幼児が杜王町に漂流したのも、東方家が「石化病」を「等価交換」できるようになったのも、「岩人間」が現れたのも、全てはジョニィが愛ゆえに犯してしまった罪深き行為が始まりなのです。(⇒ No.13 【第1版】、 No.10 【第1版】、 No.5 【第1版】参照) つまり、過去から連鎖し続ける「悪影響」こそが、「穢れ」であり「呪い」なのでしょう。
悪人はいつから悪人なのか?悪人の子は生まれながらに悪人なのか?親の影響から逃れる事は出来ないのか?罪や悪意もまた、子孫に受け継がれてしまうのか?「ジョジョリオン」では、そんな問いの答えも描かれそうです。


次は「恨み」について。
これに関しては、今のところ、作中ではまったく触れられておりません。田村麻呂さんも蝦夷も、まだカケラも出て来ていない。……なので、勝手に妄想しておきました(笑)。
東方家の「石化病」が始まるキッカケとなった出来事は、蝦夷征伐の時代に起こったのです。東方家の先祖は、仲間達を裏切って犠牲にし、そのおかげで生き延びて繁栄していけたのです。(⇒ No.15 【第1版】参照) そして、裏切られた者達のごく僅かな生き残りは、今もなお東方家を強く憎み続けているのです。「石化病」は言わば、東方家への「恨み」の象徴。真実を知らぬ者からすれば、東方家は裏切られた者達に呪われて石になったと思うはず。つまり、東方家の罪の証たる「石化病」こそが、「恨み」であり「呪い」なのでしょう。
杜王町は蝦夷征伐が行われた東北地方にある町。そもそも杜王町自体が、哀しい歴史や風土、文化も秘められている、呪われし土地だったりするのかもしれません。「SBR」で「呪われた者」とも評されたスタンド使いを増やす場所(=「壁の目」)まであるくらいですし、「呪い」とは縁が深そう。


最後は「摩擦」について。
人間はとかく、「白」と「黒」をハッキリさせたがる生き物です。自分と他者を安易に比較しては、「優」か「劣」か、「勝ち」か「負け」かを決め付けたがる。自分こそが「善」と思い込み、相容れぬモノ全てを「悪」と見做して拒絶する。……しかし、世の中はそんな単純なものではありません。見方によって両者が入れ替わる事もあれば、「白」でも「黒」でもない「灰色」だってあるのです。そして、その「灰色」こそが、「東方定助」という存在そのものでもあるのでしょう。
「灰色」を「白」か「黒」のどちらかに当てはめなければならないのだとしたら、ありもしない答えを求めて、人々は大いに悩み苦しむはず。定助もまた然り。記憶を失う前の自分は誰だったのか?今の自分は何者なのか?それをハッキリ知ろうとすればするほど、定助の苦悩と孤独はより強くなっていくのです。そして、その苦悩と孤独は、必ずしも定助だけのものではありません。人としてこの世に生きる限り、誰にだって起こり得るものです。例えば、父親を知らず、アバズレな母親との不和という家庭内の問題を抱える「広瀬康穂」にだって。(⇒ No.36 【第1版】参照)
彼らに共通しているのは、自分の存在に疑問を抱いている点です。「自分自身」が揺らいでいて、曖昧で、不明瞭で、おぼろげ。そんな自分に「誇り」を持つ事など出来ないし、自分がどこに居るのか、どこに居ていいのか、どこへ向かえばいいのかさえも分からない。これほど頼りなげで恐ろしい事はないかもしれません。つまり、自分で自分を認めてあげられない「自己否定」や「自己喪失」こそが、「摩擦」であり「呪い」なのでしょう。
そう考えると、「自分」と「他者」の境界を超えて混じり合わせる「壁の目」は、実に象徴的な舞台装置と言えます。



――実際のところ、これら複数の要素が複雑に絡み合って、「呪い」として降り掛かって来ているのでしょう。だとしても、この中で最も厄介な「呪い」は、「悪影響」でも「石化病」でもなく「自己否定」「自己喪失」に陥ってしまう事だろうと思っています。物質的な現象なら解決手段もあるでしょうが、心の在り方の問題となると難しい。この場合、「呪い」という言葉は、「誇り」の対義語となります。
「ジョジョ」1〜6部の主人公達は、その「血統」ゆえに「誇り」を得、それを力に変えて成長し勝利してきました。「血統」が自分自身の礎(いしずえ)足り得たワケです。(ジョルノだけは特殊で、「誇り」の源は自分を見守ってくれたギャングの男であり、「血統」は利用価値のある道具・武器くらいの認識っぽいですが。) ところが、世界そのものがガラリと変わった7部「SBR」以降では、逆に「血統」が「呪い」に繋がっています。「血統」を「誇り」にする役は、ジョースター家ではなくツェペリ家のジャイロに引き継がれました。ジョースター家のジョニィはと言えば、自分のせいで兄が死に、父親にも蔑まれ疎まれる、最悪の家庭環境。自分の血と宿命を激しく呪っていたのでした。
そんなジョニィが救われ清められたのは、ジャイロと共に走り抜けた「祈りの旅路」ゆえ。親友と助け合い刺激し合いながら、「再生」を追い求める戦いの果てに、ようやく自分の「帰る場所」と「誇り」を得る事が出来たのです。

そして8部「ジョジョリオン」では、さらに進んで、「血統」以前に「自分」が何者かも分からない主人公。「血統」を「誇り」にする役は、今度は東方家の人々に引き継がれています。定助には自分自身の礎がまったく無い。そんな不安定な状態じゃあ、「誇り」も「自信」も得られようはずもなし。定助に協力する康穂もまた、自分の居場所がないと苦悩しています。
自分で自分を好きになれず、自分を信じてあげる事も認めてあげる事も出来ない。こんなにも虚しく痛ましい事があるでしょうか?……しかし、この物語のタイトルは「ジョジョリオン」。必ずや「福音」が齎されるであろう事が、すでに約束されているも同然なのです!現に、定助も康穂も決して絶望などしません。「自分がやりたい事」と「自分に出来る事」を知り、それを道標に前進し続けています。そしてゆくゆくは……、ジョニィがジャイロとの友情によって救われたように、定助と康穂はお互いを誰より大事に想う恋愛感情によって、互いに導き合い、救い合うのではないかと期待しています。
自分がこの世に生まれた理由とは、この上なく残酷なものかもしれない。探し求めた「自分」は、何者よりも汚らわしく忌まわしい存在かもしれない。それでも、「白」にも「黒」にもなり切れない「灰色」のままの自分を認め、そんな自分だからこそ出逢えた大切な人と共に、自分達にしか歩めない道を進んで行く。我々読者の心をも「呪い」から解き放ち、救済し、浄化し、祝福してくれる。希望と勇気が湧き上がって来る、誇り高き「人間讃歌」。そういう作品になると確信しています。



(追記1)
第46話冒頭の「岩人間」解説によると……、「岩人間」は、ここ数千年の「人間」の人口増加や文明の発展によって、土地や生活環境を減少・激変させられてしまった模様。それゆえ、人間社会に「寄生」して生き永らえる者達が現れました。そして、そんな歴史的理由もあって、「人間」との共存や相互理解は不可能になっているようです。
つまり「岩人間」は、「人間」に住んでいた場所から追いやられ、生きる領域を侵され、穏やかな生活を奪われてしまった被害者だったのです。彼らが敬う大地や自然も、今なお「人間」が穢し続けています。自分達の都合だけで、自分達の目先の豊かさだけを追求して、自然や他の生命への感謝・畏敬を忘れ去った「人間」。そんな「人間」に対し、「岩人間」が嫌悪憎悪しているであろう事は、想像に難くありません。
この「人間」と「岩人間」の関係性もまた、1つの「呪い」であるように思えてきます。「穢れ」「恨み」「摩擦」も、ワード的にはピッタリ当てはまる(特に「摩擦」)。ある意味、「岩人間」とは「妖怪」であり、「自然」の意志そのものであり、日本人が古来から受け継いできたはずの心の在り方の象徴でもあるのかもしれません。もちろん、「ジョジョ」は「人間讃歌」なのですから、「人間」の醜い行いを責めるだけの物語などにはならず、「人間」の素晴らしさをこそ描き切ってくれるでしょうけどね!




(2015年3月5日:【第1版】更新)
(2015年8月23日:【第1版】追記1)




TOP   <<No.30  戻る  No.32>>     簡易ページへ

inserted by FC2 system