TOP  戻る



ここに書いているのは、スタンドの個人的な解釈に過ぎません。
原作の設定・描写をベースに、
勝手に考察・妄想しただけのものです。
正確な公式データが欲しいという方には何の役にも立ちませんので悪しからず。




ソフト&ウェット (融合後) / 本体: 東方 定助 (仮名)
< 何かを「奪う」能力 >





<特徴>
@本体:東方 定助(ひがしかた じょうすけ)は、S市紅葉区杜王町にある「壁の目」と呼ばれる場所にて、裸で土に埋まっているところを発見・救助された。その時、彼の首筋にある星型のアザには、何者かの歯形がクッキリと刻まれていた。そして、彼には自分に関する一切の記憶がなかったが、何故か自分のスタンド能力については概ね理解し、把握していたのだった。
「壁の目」と歯形、そしてスタンド能力。それらの関連性はまだ多くの謎に包まれている。


Aロボットのような無機質なヴィジョンを持つ。胸には錨のマークが大きく刻み込まれ、星マークもあちこちにちりばめられている。
がっしりとした胴体の割に、腕や足は細く、アンバランスな体格をしている。


B射程距離2mほどの近距離パワー型スタンド。
華奢な見た目に反して、パワーやスピードはなかなかのものである。壁を蹴り砕く程度は造作もない。


Cラッシュの掛け声は「オラオラ」




<能力>
他の物質から「何か」を「奪う」能力



@『ソフト&ウェット』が能力を発動させると、星マークの浮かぶ小さな「しゃぼん玉」が現れ、射出される。
この「しゃぼん玉」は水分と一体化しているらしく、実体がある。よって、スタンドを持たない一般人にも見えるし、写真に撮る事も可能。


A射出された「しゃぼん玉」は、触れた物質から何かを「奪う」事が出来る。
奪えるものは、「視力」等の感覚であったり、「水分」等の物質であったり、「音」や「摩擦」、「温度」等の現象であったりと、実に多種多様。何が奪えて、何が奪えないのか、その詳しい条件はまだ不明である。しかし、何かしらの限界や境界はあるはずだ。
奪える対象は、生物・非生物問わず。奪う度合いも調節できる。ただし、自分自身に対してだけは唯一、能力を使う事が出来ない。


B奪ったものは「しゃぼん玉」が吸い込んで閉じ込めている状態らしく、「しゃぼん玉」が割れる事で外に解き放たれる
この性質を応用し、奪ったものを再利用したり、誰か(何か)にそれを「与える」事も出来るようだ。能力の効果は「しゃぼん玉」が割れない限り持続するが、割れれば十数秒〜数十秒程度で解除される。


C出血する傷口に「しゃぼん玉」を付着させ、とりあえずの応急処置を行なっていた事もあった。
「しゃぼん玉」には、『ソフト&ウェット』か定助自身の肉体に接触している状態だと、浮遊している状態よりも割れにくくなるといった性質があるのかもしれない。止血というよりは、体外への流血を強引に堰き止めたというイメージである。


D光を屈折させる「しゃぼん玉」をレンズのように利用し、陰に隠れて見えない物を見る事も出来る。


E「しゃぼん玉」を一度に複数個射出する事も可能である。
ヒゲ剃りでシェービングクリームを使用した際、「しゃぼん玉」を「泡」の一部として捉える感覚を思い出したようだ。それ以降、大量の「しゃぼん玉」(=「泡」)を創り出せるようになった模様。この複数の「しゃぼん玉」によって、異なるものを同時に奪う事も出来る。あまり重い物でなければ、「しゃぼん玉」をくっ付けたり、あるいは「しゃぼん玉」の中に入れたりして、浮遊・運搬させる事も可能である。
無数の「しゃぼん玉」で壁を作り、敵の攻撃をガードする事も出来る。防御力自体は弱いが、未知の能力に直接触れる危険を回避すると同時に、「しゃぼん玉」による反撃の布石も打てるという点で有効である。


F『ソフト&ウェット』が直接殴った部分から「しゃぼん液」を広げ、殴ったモノを巨大な「しゃぼん玉」で包み込む事が出来る。(ちなみに、普通の飲料ドリンクを「しゃぼん液」化し、大きな「しゃぼん玉」を作り出す事も出来た。)その応用として、殴ったモノの内側に「しゃぼん玉」を発生させ、内部から膨張・破裂させるといった攻撃も可能である。
強い怒りや攻撃の意志が反映された「しゃぼん玉」は、その強度や浮力も相当強いようだ。堅く重いモノを包んだまま割れずに宙を浮遊していたし、人体の一部を破裂までさせていた。
「しゃぼん玉」の破裂の衝撃を利用し、「しゃぼん玉」内に閉じ込めた物質を勢い良く射出する事も出来る。もっとも、弾丸ほどの破壊力・殺傷力はない。


G万能な能力ではあるが、反面、弱点も存在する。
まず、そもそも「しゃぼん玉」を狙い通りに当てる事が少々難しい。ある程度、軌道等のコントロールは出来るようだが、フワフワとゆっくり飛んでいくため、回避やガードもされやすい。風に流されたり、凍らされたりする事もあり得る。
また、発現当初は星型のアザから「しゃぼん玉」を出していたため、もしアザが何かで押さえ付けられていたりすると、「しゃぼん玉」を出せなくなるという特徴もあった。


Hこのスタンドは、空条仗世文と吉良吉影の「壁の目」による「融合」で生まれた能力と推測される。2人の人物の異なる精神(=スタンド)が「融合」し、『ソフト&ウェット』が形成された。そのため、よ〜く見ると「しゃぼん玉」にも「つなぎ目」が確認できる。
そのヴィジョンや能力からして、ベースはあくまで仗世文のスタンド『ソフト&ウェット』(融合前)のようだが、吉良のスタンド『キラークイーン』(8部)の影響も確かに存在する。上記Fで述べた「破裂」による攻撃は、まさしくその一端と言える。また、例えば……、「しゃぼん玉」の強度や攻撃性が増し、その分、射程も長くなった……等の可能性も考えられるだろう。
ともあれ、成り立ちからして極めて特殊であり、能力の全貌にもまだまだ謎が多い。何をしてくるか先の読めない、「しゃぼん玉」のように掴めぬスタンドなのである。




TOP  戻る

inserted by FC2 system