TOP   <<No.1  戻る  No.3>>     簡易ページへ



「ジョジョリオン」の謎と考察・予想をまとめたよ


No.2 【 「壁の目」とは何なのか? 】






【第1版】
大震災が起こった日の深夜、杜王町沿岸部の土地が突如として隆起。それはやがて「壁の目」と呼ばれるようになりました。この「壁の目」には、踏み入った者のスタンド能力を引き出す力がある模様。また、今まで人の目に触れる事こそなかったものの、「壁の目」自体は昔から存在していたようです。「等価交換」の力を宿す土地として、東方家が利用していたらしいのです。
ストーリーの根幹に関わるであろう、この「壁の目」。そもそもの話、これは一体、何なんでしょうか?



2000年もの遥か昔、磔刑から復活したイエス・キリストが、現在の杜王町がある土地を訪れた際、「二本松」が聖なるパワーを受けて「生命の樹」と「知恵の樹」になった……という予想を前提とします。(⇒ No.23 【第1版】参照)
「生命の樹」に成る「生命の実」を食べると、あらゆる病気やケガも治ってしまうほどの強い生命力と不老長寿が得られ、それと引き替えに「岩人間」として生きる宿命を背負う。「知恵の樹」に成る「知恵の実」を食べると、追い求めるものに辿り着くための深遠なる知恵と知識が得られ、それと引き替えに石化の「病気」の宿命を背負う。どちらも、その「果実」を食べた者を、「呪い」と引き替えに進化させる(=「神」の領域に近付ける)樹木なのです。

「果実」を食べた者は、「果実」を実らせる聖樹や、聖樹が生える地(聖地)と、聖なるパワーを通じて繋がる事になります。そしてその「繋がり」ゆえ、最期には必ず、聖樹・聖地へ還る事になっているワケです。個人の意思・感情を超え、「果実」によって進化した者だけが持つ本能・運命のようなもの。だから、「岩人間」と化した者も「石化病」に罹った者(以下「発病者」)も、やがては聖樹・聖地へと引かれていく。最終的には、その地に埋まって、生物としての活動を完全に停止してしまいます。
地中に埋まった「岩人間」も「発病者」も、人としての存在を失う代わりに、土地そのものと一体化して永遠の存在となるのです。それはある意味、福音と言える……のかもしれません。こうして長年に渡り、「岩人間」と「発病者」が土地と融合し、連結し、「塊」となったものこそが、今の「壁の目」なのです。
(夜露の死体も、今は化学分析されていますが、やがては自ずと「壁の目」に引っ張られ、「壁の目」に取り込まれる事になります。)




(2015年1月9日:【第1版】更新)




TOP   <<No.1  戻る  No.3>>     簡易ページへ

inserted by FC2 system