TOP   <<No.3  戻る  No.5>>     簡易ページへ



「ジョジョリオン」の謎と考察・予想をまとめたよ


No.4 【 吉良の部屋にあった変態写真は何なのか? 】






【第1版】
自分の正体を探り、吉良吉影の住む部屋へ辿り着いた定助。ところが、その部屋はなんと、上の階に住む笹目桜二郎が仕掛けたトラップだらけだったのです。吉良に対して恨みを抱く桜二郎は、定助を吉良と勘違いして襲って来たのでした。
……で、この時、康穂が広げたアルバムには変態的な写真が何枚も収められていました。監禁された女性を、縄や手錠、果てはアイマスクに猿ぐるわで拘束している写真。その中の1枚には、定助によく似た男が鏡に映っている写真まで!結局のところ、この写真に写っている男は誰だったんでしょうか?



まず、桜二郎が白状したセリフによれば、「どこかの「女の子」を罠に使うために拉致したりした」「後で吉良のせいにするために写真も撮った」との事。桜二郎のスタンド『ファン・ファン・ファン』で操って、あの変態写真を撮った事は間違いないようです。合成写真とかじゃ、あとですぐバレそうだから可能性は低そう。
問題は、あの男が誰なのか?……結論から言うと、写真に写っていた男は吉良吉影です。定助と康穂があの部屋を訪れる3日前に、女の子と一緒に捕まっていたのは吉良だったのです。吉良からしても、まさか真上の部屋にわざわざ引っ越して来て、自分の部屋にトラップを仕掛けまくって復讐するなんて事、想像もしていなかったでしょうからね。自分の部屋という最も安心できる場所だけに、不意に襲われたら、あっけなく「4点」取られてしまうかもしれません。
「いくら何でも、吉良と定助を見間違えないだろ」って意見もありそうですが、実際に桜二郎が見間違えているんです。もちろん、吉良のセーラー服を着ていたからって事もあるでしょう。しかし、これまた桜二郎が「半分くらい吉良に似てる」「オレが間違えるの無理もないだろう?」って言っちゃうぐらい、吉良と定助がそっくりだったのが一番大きいんでしょう。まあ、それもそのはず。定助は、吉良ともう1人の人物「X」(⇒ No.12 【第2版】参照) が「融合」した存在なのですから。単純な外見だけじゃなく、パッと見の印象や雰囲気まで似てたって不思議じゃありません。
読者の目からは2人の区別は容易いけれど、作中の人物から見れば、よく見ないと間違えてしまうほど似ているのです。


つまり、あの写真は、作中の人物が受ける印象に極めて近く描かれている、という事。たぶん、康穂が改めてあの写真をじっくり見れば、「あっ、似てるけど違う。別人だわ。」って思うはず。
一緒に同じ部屋に監禁されていた女の子でさえ、どうやら吉良と定助をハッキリ区別できていなかった様子。定助自身、「どうせあの女の子も 吉良を見ていたとしても 写真とオレの区別もつかなく憶えているのだろう」と結論付けていますしね。女の子の立場からすれば、ワケも分からず拉致・監禁され、ずっと異常な力に操られていたんです。自分が助かりたい一心で、他人の顔なんていちいち気にしてられなかったでしょう。名前すら知らないくらいだし、無理もない事です。



どうあれ、この日の3日前に、吉良はなんとか桜二郎から逃げ出す事に成功した模様。
時間的に考えると……、その後、すぐに帽子屋「SBR」でオーダーメイドの帽子を買い、「壁の目」で「X」と「融合」したのではないかと思われます。そして、吉良の肉体だけは死亡した、と。



……ちなみに、桜二郎が持っていた「壁の目」にいる吉良の写真については、桜二郎が吉良の部屋にトラップを仕掛けるために侵入した時、発見してパクッた物と推測。
吉良はかつて、「記憶の男」と協力関係にあったと予想しています。(⇒ No.29 【第4版】参照) 「融合」する前に、吉良と「記憶の男」は何度か「壁の目」を訪れ、色々と調査・研究をしていたのでしょう。その時に資料として取られた写真があれだったのです。しかも吉良はナルシストらしいので、わざわざ自分がカッコ良く写るように撮ってもらっていたのかもしれません(笑)。




(2015年1月9日:【第1版】更新)




TOP   <<No.3  戻る  No.5>>     簡易ページへ

inserted by FC2 system