TOP   <<No.37  戻る  No.39>>     簡易ページへ



「ジョジョリオン」の謎と考察・予想をまとめたよ


No.38 【 「空条 仗世文」とは何者なのか? 】






【第3版】
作並カレラは、定助の事を「空条 仗世文 (くうじょう じょせふみ)」という名前で認識していました。また、エイ・フェックス兄弟も、定助を「仗世文」なのではと疑っていました。順当に考えれば、定助を形作る「吉良 吉影」以外のもう1人の半身「X」が「空条 仗世文」なのでしょう。
そして、その名を康穂が『ペイズリー・パーク』で調べ上げ、さらに詳細が明らかになりました。それによると、仗世文はS市出身の20歳。T学院に通う大学生。父親の名は貞文(さだふみ)、母親の名は聖美(きよみ)。現住所は、杜王町字六壁33。……東方家から歩いて15分の場所に住む、言ってしまえばご近所さんだったのです。
しかし、ここで大きな疑問が浮上。何故、誰も仗世文を捜していないのか?家族や友人、学校は、行方不明の仗世文をどうして放っておいているのか?それに加え、康穂が発見した仗世文の顔写真は、なんと鳩ねーちゃんの彼氏「田最 環 (だも たまき)」の顔そのものだったのです。一体全体、どういう事?果たして、本当の本当に、定助の半身「X」=仗世文なのでしょうか?



結論から言うと、まず「X」と仗世文は同一人物です。ダモカンこと田最環とのバトルにて、仗世文と吉良の過去編が描かれ、ほぼ確定しました。
問題は、その仗世文のバックボーン。過去編でもそこはほとんど触れられずに終わっちゃいましたからね。

「空条 仗世文」は、血縁上、ジョセフ・ジョースターの孫にあたる人物……という【第2版】の予想をそのまま継続しておきましょう。
実はジョセフ、1970年代前半に、親戚の東方家が住む杜王町を訪れた際、若い女性(名前は朋美とか?)とつい浮気をしちゃっていたのです。その時に出来ちゃった子どもが、娘の聖美。ホリーにとっては、母親違いの妹になります。そう、こっちの世界のジョセフもやっぱりやらかしやがっていたワケです(笑)。ジョセフの浮気の事実や聖美の存在は、誰にも知られる事はありませんでした。そのため、当然ながら家系図にも載っていません。
聖美はやがて、空条貞文という男性と恋に落ち、結婚しました。そして、2人の間には息子が産まれます。それが仗世文なのです。
仗世文の父:貞文にも秘密があります。彼こそ、なんと「1901年に杜王町に漂着した幼児」その人。彼の人生については、別のページでまとめるとして(⇒ No.13 【第1版(追記1)】参照) ……、とにかく貞文は「岩人間」だったのです。本来、人間と「岩人間」の間に子どもは出来ないのですが、奇跡の妊娠・出産!片や、「生命の実」を食べて進化した「岩人間」。(⇒ No.23 【第1版】参照) 片や、かつて「聖なる遺体」をその身に宿したジョニィ・ジョースターの子孫であると同時に、かつて「知恵の実」を食べて繁栄を手にした東方家の子孫。(⇒ No.15 【第1版】参照) その双方の聖なるパワーの相乗効果により、この奇跡は実現したのです。つまり仗世文は半「岩人間」
もっとも、「岩人間」体質はほとんど表面化しておらず、当の仗世文自身もその事実に気付いていません。


仗世文が本当にジョースターの血統なのかどうかは、未だ意見が割れそうなところです。カレラの持っていた写真には、仗世文の肩に「星のアザ」がありました。(⇒ No.33 【第3版】参照) 一方、過去編ではとうとう「星のアザ」は描かれず仕舞い。……ただ、個人的には、やっぱり彼もジョースターであってほしいのですよ。
私の予想では、仗世文のみならず、第50話に登場した母親もまたジョースターという事になります。2人には「星のアザ」もちゃんと刻まれているんですけど、作中では、微妙なアングルやら影やら何やらで見えなかっただけなんです。あそこであっさり描いちゃったら、タネ明かしになってしまいますし。それに、同じ過去編にて、吉良の「星のアザ」も描かれなかった点にも要注目。こうなると単純に、仗世文と吉良が「融合」して生まれた定助こそが8代目ジョジョという事を暗示しただけなのかも。
……最初、「しゃぼん玉」に星マークが無かったのは、自分や血統への誇りの無さゆえ。仗世文は、かつて自分を見殺しにしようとした母の血を嫌い、母から受け継いだ「星のアザ」も忌まわしく思っていたのです。しかし、己の命を捨ててでも吉良とホリーを救おうとガムシャラになった時、星マークが浮かんだ「しゃぼん玉」もいくつか出現。もはや自信や誇りの無さなど超越し、無心でひたすら命を燃やし尽くしていたからこそなのでしょう。



誰も仗世文を捜していない風なのは、そもそも親しい人間がいないからなのかもしれません。いつも見捨てられてばかりの人生を送ってきた、と仗世文自身も回想していた程ですから、根本的な部分で自分も他人も信じ切れないところがありそう。命の恩人であるホリーさんだけは、「他人」というよりも「聖母」「女神」に近い存在になっていて別格なのです。
それに、仗世文がいなくなったのは2011年8月19日。ダモカンが東方家にやって来た日ですら、恐らく9月中旬〜下旬頃。まだ1ヶ月程しか経っていません。定助が発見され、入院したりしてる時点などは、せいぜい数日経過してるくらい。近所の住人や大学の知人も、「そういや最近、あんま見掛けないような……」としか思っていないワケです。なんとも寂しい話ですが、仗世文を本気で心配し捜してくれる人は、初めからいなかったのです。
仮にそんな人がいたとしても、仗世文はもうどこにも存在しません。すでに東方定助という別人になってしまいました。ダモカン曰く、「顔がまったく違う」「背格好も違う」。仗世文と吉良は、肉体も精神も生命も、それほど複雑に混じり合ってしまったのでしょう。(⇒ No.1 【第1版(追記1)】参照) 外見だけで定助の正体に気付けた者は、仗世文に好意を持つカレラのみ。定助が「誰も自分を捜していない」と感じるのも当然なのです。



仗世文のパスポート写真がダモカンの写真になっていた件については……、ダモカンが仗世文の戸籍を奪ったからなのでしょう。死んだ人間の戸籍を奪うのは、「岩人間」の常套手段ですし。
とは言え、仗世文が死んだのかどうかは疑わしい。何せ、吉良の死体は発見されたのに、仗世文の死体は見付からないのですから。そこでダモカンは、仗世文の戸籍を奪い、それをエサに仗世文を誘き出そうとしたのでしょう。結果的には、定助や康穂がそこまで辿り着き、パスポートのFAXが東方家に送られる事に。それを見たダモカンは、仗世文がやはり生きており、東方家と繋がっているであろう事を確信したワケです。

ちなみに、実際のところ東方家の人々は、誰も仗世文の事を知りません。吉良は仗世文と別行動している間に、1人で東方家に接触していたのでしょう。特に憲助さんとは色々と話し合っていたはず。その時も吉良は、仗世文や妹:京の存在を知られぬよう、細心の注意を払っていました。彼らの存在に繋がるようなものは、気付かれないうちに密かに処分。その甲斐あってか、家系図にも名が載る事はありませんでした。
ただし、「岩人間」達と関わりを持つ常敏だけは、「岩人間」からそれとなく仗世文達の話を聞かされていたかもしれません。彼個人の情報というよりも、その顛末について。「岩人間」の領域に安易に踏み込むと、おまえも死ぬまで追われ続ける事になるぞ……という警告として。この話を常敏は覚えていて、定助の正体の心当たりにもなったのです。




なお、旧版はこちらに置いときます。 第1版へ   第2版




(2015年9月22日:【第1版】更新)
(2016年1月31日:【第2版】更新)
(2016年3月31日:【第2版】追記1)
(2016年6月30日:【第3版】更新)




TOP   <<No.37  戻る  No.39>>     簡易ページへ

inserted by FC2 system